レトロな「うどん・そば自販機」が故障頻発で存続の危機

s-jidouhanbaiki_autosnack_udon


1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [KR] 2024/04/03(水) 19:27:39.11 ID:eqMuIdZG0 BE:329591784-PLT(12100)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_syobon03.gif
秋田市の秋田港近くで半世紀にわたり、船員や住民らに愛されている「うどん・そば自販機」が存続の危機にある。

 所有していた商店の閉店後、近隣の「道の駅」に移されたが、最近は不具合が頻発。修理の担当者は「昭和の自販機は仕組みが複雑。ファンのためにも動き続けるまでは面倒を見ていきたい」と話している。(夏目拓真)

 「あんな故障は初めて見た」。レトロな自販機がある秋田市の「道の駅あきた港」のパート従業員の佐原澄夫さん(73)は昨年末、1杯分の料金を入れた客から「うどんが何杯も出てくる」との連絡を受けて驚きを隠せなかった。

◇ 佐原さんが「いよいよ終わりかな」と心配するのは、この自販機は昨年4月、同型の2台を解体して約300の部品を取り出し、良い部品のみで組み立て直したからだ。この大規模な解体修理を手掛けた元大手飲料メーカー社員の伊藤久人さん(63)(五城目町在住)は、「1年で深刻な故障が出るとは思わなかった」とこぼす。

 今も時々、熱湯が出なくなったり、商品はあるのに売り切れランプがついたりする不具合が起きる。そのたびに、電気系統を一から確認しながら原因を究明し、部品を修理したり、同型の自販機の部品と交換したりしている。

 故障は1日で直ることが多いが、3日ほどかかることもある。佐原さんは「50年も十分に働いてくれていると思う。ただ、ファンも多いので自分が直せるところは対応していきたい」、伊藤さんは「部品がある限り、一日でも働いてもらえるようにするのが自分の役割なのかな。できるところまで続けたい」と語った。

 そばとうどんは、2022年2月に税込み250円から300円に値上げしたが、今も休日には約200杯が売れるという。

https://news.livedoor.com/article/detail/26164074/

続きを読む

最新ゲーミングレビュー記事

もっと読む 
Source レトロな「うどん・そば自販機」が故障頻発で存続の危機 http://yurugame.doorblog.jp/archives/36554611.html
幻の酒米「雄町」を使った日本酒「ジューシー雄町」を飲んでみた! 2億本売れた大人気シリーズの最新作「アサシン クリード ミラージュ」が発売!舞台は9世紀のバグダッド ゲーセン人気再興へ!アミューズメント エキスポ in 東京ビッグサイトが11月25日に初開催 ナツメアタリ株式会社が「闇の仕事人 KAGE Shadow of the Ninja」の制作を発表!東京ゲームショウ2023の出展も決定 「コナミ」がスペインの名門クラブ「FC バルセロナ」とのパートナーシップ契約更新を発表!「eFootball 2023」にて契約更新記念キャンペーンの開催を予定 矢沢宏太選手は二刀流で実装!「パワプロ2022」の2023シーズン版アップデートは3月30日 新スペシャル「テイオウイカ」も登場!「スプラトゥーン3」の新シーズン「2023春 Fresh Season」の情報公開! ランクマッチ実装!ロックマンエグゼ アドバンスドコレクションが4月14日に発売決定 スマブラ部門開設の翌日に快挙!Crazy Raccoon所属のプロトバナム選手がアメリカ・ラスベガスの「Double Down 2022」で優勝! 「Apex Legends」の世界初となるコラボカフェ「Apex Legends -Nessie cafe-」が東京・大阪で開催!