『APAC Predator League 2022』が2022年11月に日本でオフライン開催、『Dota 2』『PUBG』の日本代表チームが出場

Acer主催『The Asia Pacific Predator League 2022 Grand Finals』が、2022年11月11日(金)~13日(日)に日本・オフライン形式で開催されます。

Predator League 2022

『Predator League 2022』は4回目の開催となり、グランドファイナルが日本にてオフラインで実施されます。

開催情報

  • 開催日程:2022年11月11日(金)~13日(日)
  • 競技タイトル:Dota 2、PUBG
  • 賞金総額:$400,000
  • 出場:15の国・地域予定

日本代表チーム

『Dota 2』の国際大会が日本・オフラインで開催されるのはこれが初となります。
日本での大きな『Dota 2』オフライン大会実施は、2019年に東京ゲームショウで行なわれた『第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ』日本予選以来です。
今回の代表5名がどのように決定されるのかが気になる所です。

『第11回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ』Dota 2部門日本代表は「TeamMay」に決定、世界王者「OG」のオマージュポーズを披露

過去の『Predator League』には東南アジアトップクラスのチームが出場しており、日本でこれらのチームを見ることが出来るのは『Dota 2』ファンとしてはかなり貴重な機会となります。

また、『PUBG』の代表3チームは6月24日(金)より開幕する『PJC2022』の成績で決定されます。『PUBG』は過去大会から日本代表を派遣し続けているタイトルで、こちらもどのチームが代表権を手にするか楽しみです。

また、大会開催を記念するセールがスタートしています。

関連記事

『Asia Pacific Predator League 2022 GRAND FINAL』2022年の開催地が日本に決定

情報元

最新eスポーツニュース

もっと読む 
Source 『APAC Predator League 2022』が2022年11月に日本でオフライン開催、『Dota 2』『PUBG』の日本代表チームが出場 https://www.negitaku.org/news/n-25453