『LJL 2022 Spring Split』2022年2月11日(金)より全試合オンラインで開催、レギュラーシーズンを全チーム総当たり2→3回に増加、合計84試合を実施

『League of Legends』の日本プロリーグ『League of Legends Japan League(LJL) 2022 Spring Split』の開催情報が発表されました。

2022年春シーズンのポイント

  • 週末に加えて水曜、金曜の平日開催を導入
  • レギュラーシーズンの総当たり回数を2→3回に増加
  • 試合開催日数をおよそ2倍にすることで、シーズン中の観戦をより楽しんでもらえるリーグ運営を目指す
  • 新型コロナウイルス対策として全試合をオンライン開催、選手は自チームのゲーミングハウスから出場

開催情報

  • 開催期間:2021年2月11日(金)~4月10日(日)
  • 開催日数:合計27日開催(水、金、日曜日 18:00 開始予定)
  • レギュラーシーズン
    • 84試合
    • 全チーム総当たり戦を3回実施(2021年は総当たり2回形式)
    • 試合形式:Best of 1
    • 各日4試合を実施
  • プレーオフ
    • レギュラーシーズン上位6チームが出場
    • 優勝:世界大会『2021 Mid-Season Invitational(MSI)』出場権、賞金1,000万円
  • 観戦方法:オンライン配信のみ(現地観戦の予定なし)

出場チーム

  • Japan AXIZ
  • Japan Burning Core
  • Japan Crest Gaming Act
  • Japan DetonatioN FocusMe
  • Japan Fukuoka SoftBank HAWKS gaming
  • Japan Rascal Jester
  • Japan Sengoku Gaming
  • Japan V3 Esports

情報元

最新eスポーツニュース

もっと読む 
Source 『LJL 2022 Spring Split』2022年2月11日(金)より全試合オンラインで開催、レギュラーシーズンを全チーム総当たり2→3回に増加、合計84試合を実施 https://www.negitaku.org/news/n-25172