ポケモンソードシールドをレビュー!全クリした後の評価・感想まとめ/ポケモン剣盾

ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)のレビューと評価・感想をまとめています。全クリした後に思った、良かったところ、気になったところを紹介しているので、買うべきが悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

はじめに

レビュー感想まとめ1_ポケモンソードシールド

2019年11月15日、全世界待望の『ポケットモンスター ソード・シールド』がついに発売されました。ニンテンドースイッチでは初となる「ポケモン完全新作」の登場に、ファンの熱狂は収まるところを知りません。しかし一方で、あまりにも長寿なシリーズ故に「今作から始めても楽しめるのか」といった不安や、逆に「過去作に比べてどんな違いがあるのか」といった疑問をお持ちの方も多いのではないかと思います。

本記事では、過去作を全部ではないがほとんど遊んだことがある程度の「ガチ勢では全く無いが、完全な初心者でもない」という中途半端なスタンスの筆者が、実際に作品を最後までプレイし、『ソード・シールド』における「良かったところ」と「気になったところ」をまとめてみました。主観100%かつご紹介できるのは本作のほんの一部ではありますが、宜しければご購入の際の参考にしていただければ幸いです。

ソードシールド(剣盾)の良かった所

ハードの進化がもたらす圧倒的な没入感

レビュー感想_良かったところ1_ポケモンソードシールド当然ながらグラフィックは大幅に向上

3DSからニンテンドースイッチへとハードが進化したことに伴い、飛躍的なグラフィックスの向上がなされました。加えてマシンスペックの向上は画面を美麗にするだけでなく、これまでの見下ろし型に近かったような視点から、肩越しの没入感溢れるカメラアングルをも実現。遠景までしっかりと描写された、世界の奥行きが感じられるようなビジュアルとなっています。

また、そうした“世界観の広がり”はシナリオにも直結しており、ゲームを終えた今ストーリーを思い返すと、一地方でバッジを集めたというよりは、国中を巡る壮大な旅を終えたという思いが強く残っています。ポケモンという最強のIPに隠れがちな、純粋な「RPGとしての面白さ」を再認識させられました。

ダイ迫力のポケモンバトル

レビュー感想_良かったところ3_ポケモンソードシールドダイマックスはとにかくインパクト大!

そうしたグラフィックの向上がもたらす没入感は、物語性の部分だけにとどまりません。

過去作品とは比べ物にならないほどリアルになったポケモンバトルはまさに圧巻の一言。一方で基本的なゲーム性は変わらず「ゆっくりと考えてコマンドを選ぶ」という極めてシンプルなもので、今作が初ポケモンの方や久しぶりの復帰の方にも全く問題なく馴染めるものとなっています。

しかしながらそうしたお馴染みのバトルシステムは、安心感をもたらす一方で「代わり映えしない」というマンネリ化の問題と隣り合わせでもあります。そんな深刻な問題を文字通り“ちっぽけ”な存在にしてしまうのが、本作から登場した“ダイマックス”というシステムです。なんとガラル地方では全てのポケモンたちを巨大化させ、圧倒的な火力を持たせることが可能です。見上げるようなポケモンたちによる、暴力的なまでの火力の応酬は、まさに怪獣映画のワンシーンそのもの!

圧倒的なインパクトが印象に残りがちなダイマックスですが、個人的には「メガシンカ」や「Z技」といった過去作にあった要素よりも明確にわかりやすくなっており、より取っ付き易くなっているというシステム面での心配りも嬉しいポイントでした。

夢にまで見た「ワイルドエリア」

レビュー感想_良かったところ4_ポケモンソードシールド豪雨(雷)だと、でんきタイプが出やすい等

これでもかと新要素が盛りこまれた本作の中でも、最大の革命といえるのが「ワイルドエリア」です。ワイルドエリアはガラル地方の中心に位置する自然豊かなフィールドで、プレイヤーはこの広大なエリアを自由に探索し、出逢ったポケモンとバトルすることができます。初めて訪れたプレイヤーは、右スティックでカメラを自由に動かせることに驚いた方も多いのではないでしょうか。

そんなワイルドエリアは時として、私たちに様々な表情を見せてくれます。場所や日によって天候は全く異なり、晴れや雨はもちろん、雷雨吹雪といったものまで、様々な種類が存在しています。

そしてその天気によって出会えるポケモンは全く異なり、いうならば現実世界における自然環境そのもの。見渡す限りの大自然とゲーム的な奥深さを両立したワイルドエリアがポケモンという作品にできたことは、もはやゲーム史における一つの“事件”といっても過言ではないでしょう。

既成概念を覆す「マックスレイドバトル」

レビュー感想_良かったところ2_ポケモンソードシールドレイドバトルは非常に新鮮かつやりこみ要素の1つ

冒険における大変革が「ワイルドエリア」ならば、バトルにおける大革命といえるのがこの「マックスレイドバトル」です。

このバトルでは、圧倒的な力を持つ“野生のダイマックスポケモン”に対して、4人のトレーナーで力を合わせて立ち向かうという全く新しいポケモンバトルが味わえます。
ワイルドエリアにて野生のダイマックスポケモンと対戦できるのですが、彼らはバトル中ずっと巨大化しており、堅牢な“ふしぎなバリア”を持っていたりと、一人では到底太刀打ちできません。そんな巨大で強大なポケモンを他のプレイヤーと協力して打ち倒す体験は、これまでのポケモンでは決してあり得なかった“共闘”感に溢れたものでした。

ストレスフリーなエンカウント

レビュー感想_良かったところ5_ポケモンソードシールドレアなポケモンを見つけた時の高まりも!

ゲームを実際にプレイする際、地味ながらも非常に重要なのがエンカウントです。設定を一歩間違えれば作品そのものがぶち壊しになってしまうことさえあり、ゲーム設計においては非常にセンシティブな部分といえます。

本作は基本的にはシンボルエンカウントを採用しており、主に草むらにいるポケモンと接触することでバトルが始まります。

但し、草むらを歩いているとビックリマークの吹き出しが現れ、そこに行くことで(避ける事も可能)シンボルでは出会えないポケモンと戦闘することができます。ストレス軽減や狙ったポケモンのみの戦闘を実現しつつも、偶然性がもたらすワクワク感も残しており、シンボルエンカウントとランダムエンカウントのいいとこ取りようなシステムは本作ならではの美点といえます。

育成システムの改善

レビュー感想_良かったところ6_ポケモンソードシールドけいけんアメで経験値が獲得できる!

これまでの作品では、一通りストーリーを終え、いざ世界中のプレイヤーとのバトルを志した際に、超えなければならないハードルが多いことがネックになっていました。しかしながら本作では「各種アメによる容易なレベル上げ」「ミントによる性格補正の変更」「アイテムだけで割り振り可能な努力値」など、スタートラインに立つための手間が非常に少なくなりました。

そのためストーリー攻略で苦楽を共にした仲間たちを、そのままガチ対戦に使うといったことも十分可能となっています。ポケモンセンターに「技思い出し/技忘れ」や「姓名判断」といった機能を集約している細かな配慮は、まさに本作におけるユーザーフレンドリーな設計思想を象徴しているように感じられました。

ソードシールド(剣盾)の気になったところ

ダンジョンなどの「踏破する」場所の少なさ

今作では基本的に、道路で結ばれたそれぞれの街のスタジアムを順々に巡っていくストーリー展開となっており、道を外れて行かなければならないダンジョンなどが非常に少ないです。結果として「最奥まで踏破した」というマップ上での成功体験に乏しく、草原や雪山といったロケーションの違いはあるとはいえ「街→道路→街→道路」という画一的な進行に退屈を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

動機付けとして使われる“わざレコード”の存在

本作には初期のわざマシンのような、使い捨ての“わざレコード”というアイテムが実装されています。レコードになっているわざはいずれも有用性の高いものばかりで、その多くはワイルドエリアにおいてのみ入手することができます。「マックスレイドバトル」をはじめとしたゲームシステムの仕様上、ワイルドエリアにおける過疎は作品価値を脅かしかねない事もあり、半ば強制的な形で導線を引く必要がある点は理解できます。

しかしながら、敢えてわざマシンとは別に項目を用意してプレイヤーに負担を強いる仕様は、本作全体の柱として感じる「育成システムの改善」という方向性と逆行しているようにも感じられ、別の方法もあったのではないかと感じました。

レビュー・評価や感想まとめ

広大なワイルドエリアを気ままに探索していたら、偶然出会ったレアなポケモンをゲットを出来た喜び。

長旅に疲れて設営したキャンプで、愛するポケモン達に癒される瞬間。

本作『ソード・シールド』を一言で表すなら、「ポケモンファンが思い描いていた長年の夢」という表現が最も相応しいでしょう。観客の大声援の中、一歩一歩スタジアムへと歩みを進めるみらいのチャンピオンの姿に、アニメ『ポケットモンスター』におけるサトシの姿が思い起こされたのは筆者だけではないと思います。

その一方で、ある意味でポケモンにおけるメインコンテンツともいえるやり込み要素のハードルを極限まで下げており、初心者がポケモンバトルへと一歩踏み出す後押しをしたい!という開発陣の熱意が作品の随所で滲み出ているのも印象的でした。無論そうした配慮はコアユーザーにとっての負担軽減にもなっており、結果として初心者から上級者まで誰もが末長く楽しめる作品となっています。

そうした意味で本作は、赤緑の時代から連綿と受け継がれてきた“ポケモンというゲーム性”を尊重しつつも、決して守りに入らない大変革によって「新しいポケモン」の方向性を提示した記念碑的作品であると言えます。

グラフィックの進化は勿論、ゲームシステムにおいても幾多の革新的要素を盛り込んだ『ソード・シールド』。十年後にポケモンの歴史を振り返った際、本作の発売が大きなターニングポイントになっているであろうことに疑いようはありません。だからこそ、是非とも皆様にも「ガラルちほうへのだいいっぽ」を踏み出してもらい、そんな新しいポケモン史の生き証人になって頂きたいと、バトルタワーから泣いて逃げ帰る弱小チャンピオンは強く願っています。くれぐれも3万円のおこずかいを、ファッションに全部つぎ込まないようにしてくださいね!

それでは、新たなポケットモンスターの世界、ぜひ堪能してみてください!(買いです)

ポケモンソードシールド関連記事

ポケモン一覧

ポケモン一覧
ポケモンソードシールド_ガラル図鑑_topiconガラル図鑑 ポケモンソードシールド_ガラル地方_icon世代別一覧 ポケモンソードシールド_ガラルポニータ_topiconガラルの姿 ポケモンソードシールド_特殊進化_icon特殊進化

攻略情報

ストーリー攻略
ポケモンソードシールド_攻略チャート_icon攻略チャート 御三家の進化系_メッソン御三家おすすめ 21_ココガラ旅パおすすめ
ポケモンソードシールド_ジム攻略_iconジム攻略 ポケモンソードシールド_お役立ち_iconお役立ち/人物 ポケモンソードシールド_クリア後_iconクリア後
ワイルドエリア攻略
ポケモンソードシールド_アイコン_ワイルドエリア仕様仕様解説 ポケモンソードシールド_アイコン_捕獲おすすめ捕獲おすすめ ポケモンソードシールド_アイコン_キョダイマックスキョダイマックス
一覧/入手手順

攻略お役立ち

各種お役立ち情報
▶︎伝説のポケモン一覧と捕まえ方 ▶︎日替わり・時間別イベントまとめ
▶︎天候について ▶︎エンカウントの種類
▶︎ソーナンスの入手場所と捕まえ方/捕まえにくい? ▶︎木の実の効率的な取り方
▶︎技教え屋と技忘れ屋の場所 ▶︎ロトム自転車の入手方法
▶︎釣り竿について ▶︎ロトムラリーの報酬とルール
▶︎バトルタワーの報酬とクラスアップ条件 ▶︎BPの効率的な集め方
ポケモンソードシールド(剣盾)攻略Wiki

最新eスポーツニュース

もっと読む 
Source ポケモンソードシールドをレビュー!全クリした後の評価・感想まとめ/ポケモン剣盾 https://appmedia.jp/pokemon_swordshield/4146442