XR映像システムも導入!東京タワー内にオープンするeスポーツ施設の名称が「RED° TOKYO TOWER」に決定!グランドオープンは2022年4月!

東京eスポーツゲート株式会社が2022年4月に東京タワー内にオープンするeスポーツ関連施設の名称を「RED° TOKYO TOWERレッド トーキョータワー)」にすると発表した。

「RED° 」ブランドについて

RED°RED°

東京eスポーツゲート株式会社が掲げる「NEXT JAPANの、発信源へ。」をスローガンに、日本のesportsカルチャーを牽引していくブランド。
世界に向けて存在感を放つブランドとなることを目指し誕生した。

東京タワーでの施設展開を軸に日本国内各所にて施設開発・運営を行う。
施設運営の他にはデジタル上でのプラットフォーム展開など、esportsを軸としたエンタメ領域で多角的な事業を展開する予定。

「RED° TOKYO TOWER」とは?

RED° TOKYO TOWERRED°

「RED°」ブランドのメインプラットフォームとして、東京しいては日本のシンボルの東京タワー内に日本最大規模となるesportsパークを2022年4月にグランドオープンする。
esportsを主軸とした日本ならではのコンテンツを展開し10代後半から30代前半の男女をメインターゲットとしつつ、コアなesportsファン層もターゲットとしている。

 

「RED° TOKYO TOWER」イメージ

RED°

東京タワー直下にあるフットタウン内、1階/3階/4階/5階の約5600㎡に、最新ゲームタイトルの体験エリアやesportsの大会はもちろんのこと、音楽ライブ、ファッションショーなど、様々なライブエンターテインメントを展開するアリーナを完備。
さらには配信スタジオ、ショップなども用意されている。

テーマパークでも、ゲームセンターでもない。さまざまな遊びを詰めこんだ、新次元のエンタメ空間へ。

RED°

5階のメインアリーナ「RED° TOKYO TOWER SKY STADIUM」

RED° TOKYO TOWER SKY STADIUM
RED° TOKYO TOWER SKY STADIUM
RED°

5階にあるメインアリーナ「RED° TOKYO TOWER SKY STADIUM」は、東京タワーの上空にある“天空スタジアム”をイメージ。
XRによる自由な空間レイアウトを元に生配信を視聴しているファンの映像を空間上に投影するなど、没入感かつ迫力のある配信を実現している。

最先端のXR映像システム「Vizrt(リアルタイム3Dグラフィックスシステム)」を常設し、日本国内だけでなく、世界のesportsイベントに負けない体験が可能。
日本が誇る企業やクリエイターによってプロデュースし、リアルイベントとXR映像配信を行う日本初ハイブリッド型アリーナを開設予定となっている。
リアル会場はLEDやライブ照明、最新の音響設備等との連動により、リアルとバーチャルの融合が実現し、臨場感のある体験を目指すとのこと。

東京タワー以外にも上野に「esports×サウナ」の施設も

RED° SAUNA UENO
RED° SAUNA UENO
RED°

前述の通り、esportsを軸にエンタメ領域で多角展開とのことだが、RED°公式サイトを確認すると“サウナ×esportsをテーマに、東京・上野に2022年初旬に開業予定。”と案内があった。
最新のデジタルテクノロジーを駆使し、五感を刺激するこれまでにないサウナ体験を計画しているとのこと。
東京タワーでのesports施設も楽しみだが、今までにないようなサウナ体験も気になるところ。

グランドオープンは2022年4月!プレオープンは2月!

「RED° TOKYO TOWER(レッド トーキョータワー)」は2022年4月のグランドオープンに先駆け、2022年2月にプレオープンを予定。
プレオープンの詳細はRED°公式サイトRED° TOKYO TOWER公式Twitterをチェックし、続報を待とう。

最新eスポーツニュース

もっと読む 
Source XR映像システムも導入!東京タワー内にオープンするeスポーツ施設の名称が「RED° TOKYO TOWER」に決定!グランドオープンは2022年4月! https://funglr.games/ja/news/red-tokyo-tower-name-decided/