プレイヤー総数4億人を突破したバトルロイヤルゲームのスマホアプリ版「PUBG MOBILE」、Mirrativ(ミラティブ)へのゲーム内からの連携(配信リンク)を開始

プレイヤー総数4億人を突破したバトルロイヤルゲームのスマホアプリ版「PUBG MOBILE」、Mirrativ(ミラティブ)へのゲーム内からの連携(配信リンク)を開始

株式会社ミラティブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:赤川隼一)が運営するスマホ1つでゲームの生配信ができるライブ配信プラットフォーム「Mirrativ(ミラティブ)」( https://www.mirrativ.com/ )と、PUBG株式会社が運営するバトルロイヤルシューターゲーム「PUBG MOBILE」のアプリ内での連携(配信リンク)が開始されました。 Mirrativとの連携により、ユーザーは「PUBG MOBILE」アプリ内からすぐにスマホだけで生配信・ゲーム実況を行ったり、ライブ配信を視聴したりできるため、さらなるユーザーコミュニティの活性化が期待されます。

■本取り組みに関しまして

2018年7月25日より、バトルロイヤルシューターゲーム「PUBG MOBILE」のゲーム内に、Mirrativへの配信リンクが設定されました。

これにより、ユーザーはPUBG MOBILEのアプリから、今まで以上に気軽に自分のゲームプレイを配信したり、他のプレイヤーのプレイを視聴したりすることが容易となります。

■本取り組みの背景

「PUBG」こと「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」は、2018年6月にPC版、Xbox One版、モバイル版を合わせたプレイヤー総数が4億人を突破したヒット作品です。

2018年5月16日に日本でリリースされたPUBG MOBILEでは、リリースからの24時間でMirrativ内でのゲーム配信数(生放送)が5,000を超える等、配信コミュニティは本取り組みの前から盛り上がりを見せていました。

Mirrativは、ゲーム側へのSDK導入等は一切不要、配信者側もPCやマイク等の機材や配信ソフトが不要で数タップするだけで気軽にゲーム配信を楽しんでいただけます。配信の際のタイムラグがほとんどないのが特徴で、視聴者は配信に対してリアルタイムでコメントをすることができ、配信者はコメントを読みながら一緒にゲームを楽しむことができます。

更に、PUBG MOBILEはソロプレイだけでなく、デュオ(2人ペア)やスクワッド(4人チーム)でもプレイ可能です。そのため、生放送を通じてチームメイトを見つけるユーザーも多くいます。
こうした配信・ゲーム実況の盛り上がりを受けて、さらにユーザーコミュニティを活性化させるべく、今回「PUBG MOBILE」のアプリ内から直接Mirrativへの配信リンクが設置されることとなりました。今後、Mirrativ側からも視聴画面でダウンロードを訴求したり、配信キャンペーンを実施していくことで連携強化が予定されています。

■PUBG MOBILEとは

売上本数800万本を超えるヒット作であるPC版「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」(2017年3月23日公開)のスマートフォン版です。PUBG MOBILEは、2018年4月25日より事前登録を開始し2018年5 月16日にリリースされました。事前登録数が130万件を超えた状態でリリースされ、主要アプリストアの無料ランキング1位を即日獲得する等、リリース以来人気を博しています。

■PUBG概要
会社名:PUBG株式会社
所在地:東京都渋谷区渋谷3-28-15 渋谷S.野口Bldg 10・11F
代表取締役:キム・チャンハン

■Mirrativとは

当社が運営するライブ配信プラットフォーム「Mirrativ」は、スマホ1つで誰でも簡単にゲーム配信・生配信ができる、スマホ画面共有型ライブ配信プラットフォームです。子どもの頃、友だちの家に集まり一つのテレビを見ながらゲームを楽しんだような世界観をアプリ内で再現しています。
特に2017年9月以降、iOS端末からの画面配信が可能になったことをきっかけに急速に成長し、スマホゲーム配信数・配信者数は日本一(※1)、アクティブユーザの平均配信時間・平均視聴時間共に1日平均100分、トップの配信者は累計4,721時間も配信を行うなど(※2)、注目の集まるライブ配信アプリ領域の中でもユーザに熱い支持を受けているのが特長です。

※1 当社調べ
※2 2018年2月末

最新eスポーツニュース

もっと読む 
Source プレイヤー総数4億人を突破したバトルロイヤルゲームのスマホアプリ版「PUBG MOBILE」、Mirrativ(ミラティブ)へのゲーム内からの連携(配信リンク)を開始 https://gameis.jp/article/104