世界最大の格闘ゲーム大会「EVO 2020」のメインタイトルが発表 最新作「グランブルーファンタジーヴァーサス」も選出

2020年7月31日(金)から8月2日(日)にかけてアメリカで開催される、世界最大の格闘ゲーム大会「EVO 2020」のメイントーナメントタイトル9つが決定しました。

メイントーナメントに選出されたタイトル9つはこちら。

・UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[cl-r]
・大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL
・ドラゴンボールファイターズ
・鉄拳7
・MARVEL VS. CAPCOM 2: New Age of Heroes
・ストリートファイターV チャンピオンエディション
・ソウルキャリバーⅥ
・グランブルーファンタジー ヴァーサス(GBVS)
・サムライスピリッツ

昨年と比較すると「MORTALCOMBAT 11」「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」がメインタイトルから外れ、2020年2月6日(木)に発売開始された最新作「グランブルーファンタジーヴァーサス」、2000年発売で今年20周年を迎える作品「MARVEL VS. CAPCOM 2: New Age of Heroes」が加わることとなりました。

特に「グランブルーファンタジーヴァーサス」は発売前から選出という、異例の大抜擢となり話題となりました。また、根強い人気を誇る「MARVEL VS. CAPCOM 2: New Age of Heroes」は8人招待制のトーナメントで構成され、現在ジャスティン・ウォン選手ら4名がトーナメント参加を決定しています。

公式サイトEvo 2020 Championship Series

最新eスポーツニュース

もっと読む 
Source 世界最大の格闘ゲーム大会「EVO 2020」のメインタイトルが発表 最新作「グランブルーファンタジーヴァーサス」も選出 https://e-sports-press.com/archives/26370…