『ゼルダ ティアキン』、エルデンリングの影響で高難易度化していたことが判明

no title

1: ID:JPwgkDt80
5月12日、ついにファン待望の新作『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』が任天堂から発売された。

さまざまな面で前作『ブレス オブ ザ ワイルド』からアップデートされている同作だが、一部では「難易度が高すぎる」との評判も上がっているようだ。

実質フロムゲーな「ティアキン」

序盤から苦戦している人も多いようで、SNS上では《マジでフロムゲーみたいな難易度》《普通にむずい ゼルダの皮を被ったエルデンリングだろ》《エルデンリングより余裕で難しいと思う》《エルデンリング味があって褪せ人の血が騒ぐ》《明らかにエルデンリングの影響受けてるよね?》といった声が。

ハードコアな難易度で知られるオープンワールドゲーム、フロム・ソフトウェアの『エルデンリング』を思い出すプレイヤーが続出している。

その結果、「エルデンリング」のタイトルをもじった「ゼル伝リング」という造語も拡散されることに…。


https://myjitsu.jp/enta/archives/119544

続きを読む

最新ゲームイベント記事

もっと読む 
Source 『ゼルダ ティアキン』、エルデンリングの影響で高難易度化していたことが判明 http://dark-soku.blog.jp/archives/90636739.html