【朗報】オックスフォード大「あつ森プレイヤーは幸福度が高い」

【朗報】オックスフォード大「あつ森プレイヤーは幸福度が高い」

0e2ad363
今日の小ネタ🎉 【画像】小峠さん、変わり果てた姿で発見される・・・・
1: 2020/11/17(火) 16:32:12.43
『あつまれ どうぶつの森』プレイヤーは幸福度が高い? オックスフォード大が発表
https://news.yahoo.co.jp/articles/36bb2b46ed8ea6be1aeb73ea9e386b155f8a07ad

イギリスの新聞紙『The Guardian』が、ゲームをすることで「幸福度」が上がることを示したオックスフォード大学の研究結果を紹介。

【画像】かわいいが溢れる『あつ森』×「ジェラピケ」コラボ(全32種)

この研究を進めた研究者たちが、ゲームに精神的な健康を害する可能性があるという世界保健機関(WHO)などの報告に、疑念を投げかけている言葉も合わせて掲載しています。

また『あつまれ どうぶつの森』が研究対象のゲームなったことも合わせて紹介されているようです。

『あつ森』『プラントvs.ゾンビ』が研究対象
オックスフォード大学は『あつまれ どうぶつの森』『Plants vs. Zombies:ネイバービルの戦い』を対象に研究を実施。

研究の元になる“プレイ時間”はプレイヤーの自己申告ではなく、インターネット接続の特性を活かし正確なものを収集したそうです。

この正確なプレイ時間と心理学のアンケートを組み合わせた結果、『あつまれ どうぶつの森』では1日4時間プレイすることで、人としてより幸せになれるとの結果が。

また『プラントvs.ゾンビ』では、より多く遊んだプレイヤーほど「幸福度」が高い傾向にあると示されたようです。

この研究を牽引したAndrew Przybylskiさんは、「ゲームは私たちの余暇活動として説明し理解することができる」「研究が進めば、我々はゲームを有毒だという考えを改められる。この研究はその証拠になるだろう」と話します。

また「WHO(世界保健機関)やNHS(国民保健サービス/イギリスの国営)のような尊敬されている機関が、良くないデータに注目しリソースを割いていることに衝撃を受けている」ともコメントしています。

続きを読む

最新eスポーツニュース

もっと読む 
Source 【朗報】オックスフォード大「あつ森プレイヤーは幸福度が高い」 http://sumaburayasan.com/archives/27035898.html