辻本&一瀬氏「モンハンライズの開発はクロスの開発直後からスタート。ワールドと並行して開発」

monster-hunter-rise1
1: NO [email protected]ニンテンドーニュース速報 2020/10/07(水) 00:11:08.61 ID:vmnPJ1+L0
https://s.famitsu.com/news/202010/07207157.html
――多くの“新しさ”とともに鮮烈デビューを果たした『MHRise』ですが、
どんなコンセプトで制作されているのでしょうか? 

辻本 キャッチコピーは、“いつでも、 どこでも、誰とでも”。
「携帯ゲーム機でも『モンハン』をプレイしたい」というお声を以前からいっぱいいただいていたので、
そこはかなり意識していますし、おもな制作コンセプトにもなっています。

一瀬 今回は『モンハン』としての遊びは残しつつ、
ゲーム全体のサイクルなどに何か手を入れられたら……というところを考えながら制作を進めています。

――ゲームタイトルの“ライズ”というのはどこから?

辻本 今回は軽快なアクションが大きなウリですし、タイトルもそこをイメージできるようにしたいと考えました。
本作は壁や崖などを自由に“駆け上がれる”のが大きな特徴なので、
そこから取って“ライズ”(上がる、 昇る)と付けてみました。
世界中のハンターに熱く盛り上がってもらいたいという思いも込めています。

――アクションに直結したタイトルなのですね。ちなみに、開発はいつごろ始まったのでしょうか?

辻本 ちょうど『モンスターハンタークロス』の開発が終了したくらいの段階から、
使用するゲームエンジンの検証や、企画構想などが始まった感じですね。

一瀬 『モンスターハンターダブルクロス』の開発サポートをしつつ
『MHRise』の構想を練っていた形ですね。
ちなみに『モンスターハンター:ワールド』も並行して開発が進んでいたのですが、
意見なども交わしつつ、『MHRise』に入れ込むべき要素は参考にさせてもらいました。

引用元: https://krsw.5ch.net/test/read.cgi/ghard/1601997068/

続きを読む

最新eスポーツニュース

もっと読む 
Source 辻本&一瀬氏「モンハンライズの開発はクロスの開発直後からスタート。ワールドと並行して開発」 http://nintendo-newsoku.com/archives/26530992.html…