【TFT】NAチャレンジャー常連のTSM Kiyoonによるアフェリオス構成ガイド

KiyoonはTFTプレイヤー、配信者。TSM所属以前よりNAチャレンジャー常連で、精力的に活動を行っていた。

アフェリオス構成の特徴

  • パッチ10.20で最強のスローロール構成の一角。
  • ハイリスク・ハイリターン。1位か、8位か。競合すると勝つのが難しい。
  • 勝利条件は、☆4アフェリオスに、完璧なアイテムを積むこと。
  • リサンドラやダイアナの代わりにサイラスじゃダメ?とよく聞かれるが、おすすめ出来ない。高いし、競合すると集まらないから☆3になりにくい。

アイテムビルドのやり方

  • アフェリオス 
    • グインソー ⇒ GA ⇒ QSSの順。
    • 3つとも必須アイテム。
    • グインソーは唯一の攻撃アイテム。つまり、早く完成すればするほど、HPを節約できるということ。
    • GAはシェイド、アサシン対策。GA中にAAするというアフェリオスの特徴にも非常にマッチ。
    • QSSはセジュアニやエイトロックス対策で必要。
  • ユーミ 
    • 青バフがあれば2回AAでスキル発動可能。
    • スピリットバフをばらまくためになるべく早くスキルを撃たせたい。
    • つまり、アフェリオスのグインソーのスタックをなるべく早く溜めることを考える。
  • リサンドラ、ダイアナ
    • ☆3になった方にジ=ロットポータルなどのディフェンシブなアイテムを持たせるといい。
  • アーリ
    • あくまでアフェリオス優先。
    • 持たせる場合はGAがベスト。その次にジュエルガントレット。

配置のやり方

アーリにGAがある場合の右側配置の例

  • 一番重要なのは、アフェリオスとユーミのポジショニング。いかにしてグインソーのスタックを溜めるかを考える。
  • アフェリオスとユーミは遠くに離す。これで2回目のキャストのASバフが保証される。
  • GAがある場合はアーリを常にフロントに。スピリットバフをばらまける。
  • ユーミとダイアナは縦のラインを作るように並べる。こうしないとダイアナがアフェリオスより遠くに行く場合がある。
  • シェンとリサンドラでケインなどからアフェリオスを守る。
選ばれムーンライトの場合の右側の例

  • 例えばダイアナが選ばれし者の場合。
  • ユーミとダイアナは縦ライン。
  • アーリにGAがないならアフェリオスの横。
左側の場合は?

  • すべてをミラーリングすればいいが、マスの関係上アフェリオスを守りにくいことに注意。
  • 赤丸のところにはなるべくユニットを起きたくない。ここに遠隔攻撃ユニットを置くと、ユーミがそっちに飛ぶ場合がある。

序盤の進め方

  • 回転寿司ではリカーブボウ狙い。
  • ステージ2で連敗したら、ムーンライトだけ買う(ダイアナ、リサンドラ、アフェリオス)。
  • レベル5でスローロール。リサンドラとダイアナの☆3を狙う。
  • ステージ3でスピリットを集める。

中盤〜終盤の進め方

  • 状況に応じてレベル6〜7でスローロールして、アフェリオスを☆4にする。引きがよくてHPが高いとき以外は、レベル7でスローロールするメリットがない。36ゴールドよりもアフェリオスを取るほうがいい。
  • アフェリオスが☆4になったら、レベル7にプッシュしてスピリットやミスティックを集める。
  • ☆4アフェ+4スピリットは事実上無敵。
  • レベル8〜9は常に5コス2体を混ぜる(セト、ケイン、アジールなどなど)。
  • セトとアジールが好き。アジールはケインなどのメレーアサシンのピールが得意。
  • セトはブローラーアッシュにとても効く。ブローラーの最大HPの高さを利用。

終盤の盤面の例

  • 砂塵兵を上手く配置できるよう考える。

 

管理忍

大変分かりやすいでござる。

おすすめ関連記事

【TFT】パッチ10.20で強い構成7選 by C9 K3soju
NAチャレンジャー常連のC9 K3sojuによるパッチ10.20メタレポート。

The post 【TFT】NAチャレンジャー常連のTSM Kiyoonによるアフェリオス構成ガイド first appeared on LoL忍者.

最新eスポーツニュース

もっと読む 
Source 【TFT】NAチャレンジャー常連のTSM Kiyoonによるアフェリオス構成ガイド https://lolninja.net/2020/10/07/23076/…